出店のススメ その⑥ 出店申込書part2

前回の投稿では申込についてご説明しましたが、今回のpart2ではどうすれば「気に入った物件を、より良い条件で借りるか?」について、もう少し掘り下げた内容で、ご説明いたします。
まずこの基本的に先着順(家主様に書類が届いた順)という事をご存知でしょうか?もちろん物件によって精査の仕方は様々ですが私の経験上、約8割の家主や管理会社がこの申し込み順を採用しています。ですので気に入った物件が出てきたらスグに申込をする事が、気に入った物件を借りる手段と言えます。もちろん申し込み順が2番や3番になっているのにも関わらず、結果的に契約できたという事例は多々ありますが、1番手の方が優位な事に変わりありません。しかも物件は殆ど一点物ですので、物件を見て気に入ればスグに申込をする事を推進します。
次に「申込時に申込金や着手金などが必要か?」という質問をよく受けますが、賃貸借物件の場合一切必要ありません。また家主様との条件交渉が折り合わず、申込をキャンセルした場合でも、キャンセル料などの違約金は必要ありませんのでご安心ください。
そして申込は先手必勝です。上記に記載したように申込をスグにする事も大切ですが、家主様の条件交渉に関しても、お客様側から先に提案してみて下さい。賃貸諸条件やフリーレントの交渉はもちろんの事、入居日、契約日、業種、業態などの事柄を申込をする前から決めておき、交渉が後手にならないようして下さい。家主もあくまで人ですので、これだけの熱意があるという事を存分にアピールしてみて下さい。
最後に申込にはトラブルが付き物だと思っておいて下さい。いつ何時、何が起こるか分からないので担当営業マンと事前に打ち合わせをしておき、ゆとりのあるスケジュールで交渉を進めていくことが大切です。
如何でしたでしょうか?
まあ簡単にいうと事前の計画と行動力が「気に入った物件を、より良い条件で借りる」ポイントになりますので、物件を申込む際には参考にして頂ければと思います。

稲泉


» »

▲TOPへ