出店のススメ その⑨ 契約書

前回の投稿では「契約までにしておいた方が良い事」でしたので、本日は契約書についてです。
家主審査も無事終わり重要事項説明もしっかり理解して頂いており、尚且つ内装屋に物件を見てもらい見積もりも出ていて、何の心配のない状態である事を前提に、契約書についてご説明していきます。
そもそも契約書とは、貸主と借主が共に合意した内容を書類に記載し、間違いありませんというという証明で記入、捺印して頂き、いつでも確認出来るように双方1部づつ保管します。つまり「契約書=双方で決めた守らないといけない約束事」という事です。
当然、契約が履行された瞬間から、契約書の内容が借りる物件のルールとして適用されます。まあ何が言いたいかといいますと、「契約書=ルール」という事なのです。そしてこのルールを守らない方への罰則も記載されています。ですので契約前にはしっかりと契約書の内容を理解して頂けたらと思います。
普段使わない言葉や漢字なども盛りだくさんですが、挫折せずに頑張って下さい。もし何かわからない事があれば、担当の営業マンに聞いてみるのも良いですし、変更してほしい内容等あれば尚更担当にお伝えください。物件を借りてから「契約書にそんな事が記載されているなんて、知らなかった。」という事が無いように、契約前にはしっかりと確認して頂ければと思います。

稲泉


» »

▲TOPへ