初夏が旬!

夏バテ気味の今日この頃です。何か美味しいもの食べた~い。
美味しいもの=旬!
今は大概の食材は一年中店頭に並んでいるので、
まったくといってよいほど季節感を味わえません。
そこで、今朝のメニューは、
ご飯、
インゲンの味噌汁、
カマスの開き、
納豆のオクラ和え、
ピーマンと青じそとキュウリとミョウガの混ぜサラダです。
インゲン、カマス、オクラ、そしてサラダに使った4種は、いずれも初夏の旬!
それではいただきます。と先ずインゲンの味噌汁を。
口に入れたインゲンを噛むとキュッキュと歯応えが緑のにおいを放ちながら微かな甘みが湧いてくる。
そこでご飯をひと口、ふた口いただいて、次に焼いたカマスの開きを箸でむしって…。
干すときに少し塩をしたのだろうか、淡い塩味がカマスの甘みを引き出して。
納豆のオクラ和えは、ちょいと醤油を注いで掻き混ぜ、ご飯にかけて。う~ん止まらない。
微塵に切ったピーマン、青じそとキュウリとミュウガに塩を振って軽く混ぜたサラダ。
この季節の旬の香味を最も感じさせてくれます。
そして最後に飲んだ新茶の美味しかったこと!
う~ん満腹満足。
ここで昔の人なら「朝茶はその日の難逃れ」なんて言うのでしょうか!?
三國


» »

▲TOPへ