同級生からの転職相談

こんにちは。小泉です。

先日、中学校の同級生から転職の相談がありました。

彼は結婚していて子供もいるのですが、今の仕事の収入とやりがいに満足していなくて、これから年数を重ねても良くなっていく見込みが薄い事から転職を考えているとの事でした。

検討している転職先が不動産会社との事だったので私に相談が来たのですが、全く未経験の業界なので不安だと。ざっくり言うとこんな感じです。

まぁどの業界でも一緒だと思いますけど、その同級生は30才過ぎているわけですけど、若いと言えば若いですけど全くのイチからスタートするにしてはどちらかと言えば遅いわけです。
もっと早くからスタートしているライバルが沢山いるので、やはり普通の頑張り方だと中々追いつかないと思います。

ただし、見込みがないかと言えば全然そんな事なくて、自分はハンディキャップがあるというつもりで人の2倍働く気でやれば1年位で追いつくはずです。

というのも不動産業界で仕事している人もピンキリですけど、全体で見たらそれほどレベルの高い人間が多い業界とは思えませんので、結構みんなのんびりやってるからです。
ある程度の収入がとれる様になったら、ボチボチしかやってない人がほとんどです。労働時間で言えば9時~19時位でしょうか。

最初は知識も経験もありませんから、別に頭を使って仕事しようと思わなくても良いと思います。周りの人がやっている事をマネして、周りの人の1.5倍~2倍やればすぐ結果も出るでしょう。頭を使うよりも身体(足)を使って汗をかく事の方が有効な時期というものがあるはずです。とてもシンプルです。
ただ、人の2倍働くと言っても言葉にするのは簡単ですけど実際にやるのは本当にしんどい。特に新人の時、能力不足の時は仕事の要領が悪いですからただでさえ時間がかかります。
労働時間で言えば9時~23時位までは仕事しないといけません。

それを週に5日か6日、70時間~80時間位は最低働くという事です。

それ位の覚悟があるのであれば、30才過ぎて未経験というハンデも乗り越えられるでしょうし、1年位頑張れば人並み位の収入はとれる様になると思います。
ほとんどの人はそれだけの覚悟はありませんから、腹くくったもん勝ちです。
勝負事は覚悟の強い人間が勝ちます。

でも本当はある程度の成果が出せる様になってからが勝負です。
現状に満足してのんびりしてしまう人の多い事。昔は死にもの狂いで仕事してた人が、そこそこのポジションになった途端に全然仕事出来なくなったりしますので。

まぁある意味ではそんな人達をごぼう抜きするのは簡単なのですが、今度は自分が追い抜かれる立場になるわけです。

目標を高く持つ、というのは良い事なのですが現実的には難しいものです。

やはり、長期的に成長していこうと思えば退路を断って自分を追い込む事が必要だと思います。
満足した時点で終わりですから。

昨日、人の相談に乗りながら考えた事です。

小泉


» »

▲TOPへ