目標達成できる人できない人

こんにちは。小泉です。
また最近、筋トレ熱が上がってきました。飲みに行く回数を減らしてその分ジムに行こうと思います。

さて、今回は目標達成できる人できない人、という事で。

言葉にすると非常に簡単なものですが、はっきり言って商売が上手くいくかどうかは自分の決めた目標(約束)を達成出来るかどうか、だけです。(少なくともある一定レベルまでは間違いありません。)決めた事をやり切れるかどうかにかかっていると思います。

でも、売上ノルマとか、目標数値をキッチリ達成する人って割と少ないですよね。
私も20代の時、どこまで結果にコミットしてきたかと思い返すと、恥ずかしくなります。

まず目標達成出来ない理由には何があるかと言うと、大きく分けて2つです。
1.設定した目標が高すぎる。
2.そもそも目標達成する気がそれほどない。

大体この2つのどちらかですけど、9割位の人が自分が目標達成出来なかった時の理由は1だと思っています。
まぁそこが一番の問題なのですが、実際は1ではなく2です。95%くらい。

自分が頑張らなかっただけなのに、その理由を外に求める根性が問題なのですね。
不動産業界で過去たくさん見てきました。売上上げたい、成功したいと言いながら、朝ギリギリで出社して、夜は定時で帰る人。別に長く働けば良いという話ではありません。人間は弱いものですから、なにか具体的な行動パターンや時間配分を変えないと、意識や決意だけでは根本的には変わりません。普通は。

2の目標達成する気がない、に補足すると、その目標を達成するに値する行動パターンになっていない、1日の時間配分がその目標達成出来る様な時間配分になっていない、というのが正しい表現でしょうか。

どうしても危機感を持つ事が出来ない、という場合は自分で危機感を持てる様な仕組みを考える必要があります。

①危機感を継続させる仕組み
②目標にふさわしい行動と時間配分

目標を達成出来る人は上記の2点を押さえているケースが多い様に思います。

マンネリになってきたり、伸び悩んでいる時は少し考えてみた方が良いかもしれません。(そもそも目標を持っていないとマンネリになりやすいと思います。)

小泉


» »

▲TOPへ