私たちは、なぜ宇宙人にあえないの?

こんにちは。この頃は日陰の角度や光線の色が、もう秋色です。

昨日9月12日は“宇宙の日” そこで今日は宇宙に目を向けたいと思います。
宇宙には2000億もの数の太陽と同じような星があります。だから、他の星の周りにも地球のような星があっても不思議ではありません。
そう考えると、実は私たちの地球や太陽が、宇宙の中ではとてもありふれた存在だということです。

では、地球のような星が他にもあるのに、他の星の文明に遭遇していないのはなぜ?
一つに文明の寿命が極端に短いのではないか、という考え方があります。

私たちの地球が誕生したのは、45億4千万前。文明は5000年前。
文明の寿命が極端に短いために、同じタイミングで出会うことが難しいのでは…。
これまで地球上では生物が大量死滅したことが何回かありました。現代がまさにそいう状況ではないかとも言われています。
だから人間はこの文明を長く続ける方法を見つけることが大切なのです。
それには、宇宙で同じような文明をたくさん見つけて、比べて、いま地球人がしていることが素晴らしいことなのか、間違っているか、見えてくるのではないでしょうか?
今までと違う視点で考えられる日が来るかもしれません。
三國


» »

▲TOPへ