飲食店の新入社員の教育その2

前回に続いて、新人の教育を投稿します。
なぜ、新人というか、スタッフの教育を語るのか?、それは、確かなスタッフが育たないと、2店舗・3店舗と任せていけないからです。飲食店を経営される方は、そのほとんどが将来の多店舗経営を考えておられると思うからなんです。

勢いのある会社と言うのは、単に勢いがあるだけでなく、社員一人一人の礼儀とかマナーがしっかりしています。
逆にこういったことを疎かにしている企業は、やはりどこか伸び悩んでいるような気がします。それは、決め事を決め事としてしっかりと守る習慣、風土がないからなのです。
だから、期限を守らなかったり、時間を守らなかったり、報告ができなかったりなどが会社内で頻繁に起こり、仕事が進まないのです。だから、前に進まないため、成長が鈍化してしまうんですね。
会社の規模を大きくしていきたいとお考えの方は、改めて社員の礼儀、マナーの徹底に力を入れてみてはどうでしょうか?
また、新人社員の教育には、こういったことから始める、これを会社の風土として根付かせることができれば、仕事もきちんとこなすことができるようになりますから、成長のスピードも飛躍的に伸びるのではないでしょうか?
時間のかかることかもしれませんが、少しずつ取り組んでみてはどうでしょう。

担当:大坪


» »

▲TOPへ