ちょっと気になる話 その②6W2H

初めて聞いた方は6W2Hって何?と思いますよね。
6W2Hとは、お店を開業するに限らずですが、事業をこれから始めようとする時に大事とされている8要素のことです。

WHY?(なぜ?)
WHERE?(どこで?)
WHEN?(いつ?)
WHAT?(なにを?)
WHOM?(だれに?)
WHO?(だれが?)
HOW TO?(どうやって?)
HOW MACH?(いくらで?)

難しいことはありません。ただ( )の日本語を英語にしただけです^^
ひとつずつ見て行きましょう。

WHY?(なぜ?):いわゆる動機と言うものですね。どうして、お店を始めたいのか?この意思と言いますか、気持ちをしっかりと固めておかなければいけません。

WHERE?(どこで?):お店にとっては鍵といってもいいでしょう。好きな環境から、具体的な場所まで、どこ?と言っても意外とこの意味は広いです。

WHEN?(いつ?):いつかは!と思っているだけではなかなか自分のお店はもてません。具体的なスケジュールを組むことでお店開業の思いが現実になるのです。

WHAT?(なにを?):飲食店の場合、このなにを?はもちろんメニューでもあります。が、その店ならではの何かが欲しいところです。どんなものをウリにして行くのか?個人経営の飲食店ではこの+αは肝心要。

WHOM?(だれに?):堅く言えば顧客。平たく言えば、どんなお客さんに来て欲しい?と言うことです。みんなに来て欲しい!は2兎を追うもの・・になりかねませんよ。

WHO?(だれが?):もちろんお店をやるのは自分ですよね、特に小さな飲食店の場合は。ですが、何人か従業員を雇うのか?家族に手伝ってもらうのか?など、お店のスタイル、広さによっても変わってきます。

HOW TO?(どうやって?):小さなお店では、このどうやって?が結構苦手です。自分のお店の売りをしっかり把握して、どうやって、競合優位性、独自性を発揮していくか、と言うことです。

HOW MACH?(いくら?):お店を始めるのにはそれなりの資金がどうしても必要です。もちろん、開業する場所や規模にもよりますが、しっかりとした資金計画をたてて、必要な開業資金を調達しましょう。
どれもお店の開業計画の骨格を成すものですので、一つ一つしっかりと考えていきたいですね。

稲泉


» »

▲TOPへ