出店のススメ その⑤ 店舗内覧について

早いもので出店のススメも5回目の投稿になります。その①で物件資料の見方、その②で立地、その③と④で現状の状態についてご説明してきましたが、今回のその⑤ではいよいよ店舗内覧についてです。
昨今ネットやスマホの普及で、不動産屋に行かなくても大体の情報が手に入る時代になってきましたが、流石に物件を一度も見ないで契約する猛者の方には出会ったことがありません。(笑)それぐらい重要で大切な物件の内覧ですが、今回物件内覧の際に気を付けて頂きたい内容をご説明したいと思います。
1.エリアの特性
まずはその気になる物件のエリアの特性をよく見てください。近隣はどのような人達が店舗を利用されるのか?またどのような店舗があるのか?エリアの雰囲気は自分に合っているか?やろうと思っている業態に合っているのか?など様々な?を店舗内覧前に解消しておくのが良いですね。そして一番大事な人通りですが、これは物件の坪単価である程度決まってる事が多いです。ただ意外と思っていたより人通りが多いケースが多々ありますので、物件を内覧する前にそのエリアを散策する事をおススメします。
2.物件の内覧
次に物件の内覧です。この時の注意点は、店舗内の内装の状態がどうなのか?という事を把握して下さい。自分のやりたい業種にハマるのか?、内装工事の費用負担はいくら位必要なのか?、その物件で出店した時の事をイメージできるか?などです。またわからない事があれば、担当の営業に聞いてください。当社の営業ならどんな難しい案件でもきっと解決するはずです(笑)
3.最後は直感
あまりにもストレートな表現ですが、最後はご自身の直感で決めてください。過去、沢山のお客様に物件を仲介してきましたが、この直感力が成功するかしないか最大のポイントになります。初めて物件を見て、そのままその物件で契約しても大丈夫か?や、まず先輩や知り合いに相談してからでないと・・・という言葉をよく耳にしますが、まずは自分自身がその物件で出店したいかどうかという事が大切です。はっきり言って沢山の物件を内覧したから、良い物件を発見できたり、また成功したりという保証は何一つありませんし、知り合いや先輩が出店する事では無いので、そのまま話を鵜呑みにするのもどうかと思います。上記に書いた事柄を事前にしっかりとイメージして頂き、誰かに背中を押してもらうのではなく、最後は自分自身の直感力で決めて頂けたらと思います。
ちなみに店舗出店の道のりは、物件を決めてからが大変ですので、次回はその事についてお話ししようと思います。

稲泉


» »

▲TOPへ