工事業者の選定について

こんにちは。小泉です。

最近改めて「新宿スワン」を1巻から読み出しました。この漫画面白いですよね。

さて今回は店舗工事における、業者選定について。

飲食店開業において、内装工事・設備工事は非常に重要なファクターです。

繁盛している焼鳥屋さんの内装(例)

繁盛している焼鳥屋さんの内装(例)

レイアウトやデザイン等、お店の全体的な雰囲気は店舗工事の内容でほぼ決まると言っても過言ではありません。

居抜き店舗を案内していると、厨房のレイアウトや内装デザイン、トイレの位置等がどんくさいお店と結構な確率で出くわします。それだけが原因とは言えませんが、やはり流行らなかったのには理由があったのではないか?と思ってしまう物件も少なくありません。

それだけお店の繁盛度・お客様満足度に影響する可能性が高い、店舗の工事ですから慎重に考えたい所です。

そうなりますと、物件選びや不動産屋選びもそうですが、どの業者さんに店舗工事を依頼するかという問題も重要な部分になってくるかと思います。

今回は何を基準に工事業者さんを選べば良いか?私なりのポイントを挙げますので、参考にして頂ければ幸いです。

まず、一口に店舗工事の業者と言っても色んな業者さんがおりまして、発注の仕方を大きく分けると下記の様になります。

1.職人に直接発注

このタイプは大工さんや左官屋さん、塗装屋さん、設備屋さん、防水屋さん等、職人出身の業者さん(職人さん)に、直接仕事を依頼するパターンです。
例えば居抜き店舗を利用してお店を開業するケースで、細かい手直しだけしてオープンする場合工事の内容がハッキリしている時は職人に直接発注した方が安くつきますし、希望の工事内容を直接職人に指示出来ますので、こちらのケースの方が良いかもしれません。

壁を撤去したり新設したり、棚を付けたり家具を作ったりするのは大工さんですし、防水工事なら防水屋さん、水道工事なら水道屋さんになります。

デメリットは、飲食店や美容室等の専門的な知識を持っていない事が多いので、複雑な工事をお任せでやってもらうと使い勝手が悪い仕上がりになったり、変なデザインになったりする事があります。飲食店の工事に慣れた人だと大丈夫ですが、そうでない人だと特有の事情が伝わりません。

また、デザイン面でのアドバイスも期待出来ませんので、項目が多いと難易度が上がってきます。

職人さんはあくまでも職人なので、指示した事はキッチリやってくれますが、指示していない事はやってくれません。当たり前ですが。全体的なバランスを考えて作業を調節してくれたりという事もあまり期待しない方が良いですね。

2.内装業者に発注

こちらの選択肢の方が一般的です。
総合建築工事屋さんの事ですが、店舗工事専門の業者さんの名刺には店舗設計施工・内装デザイン等の項目が記載されている事が多いですね。

いわゆるデザイナーとか設計士とか、飲食店プロデュースを専門にされている方がやっていたり、そういう方が会社の中にいたりします。
こういった店舗工事をトータルで請け負ってくれる会社は飲食店や美容室の専門業者も多く、慣れているためデザイン面やレイアウトの提案もしてくれますので、こちらのイメージやコンセプトをカタチにするのが仕事みたいな感じです。こちらの場合ですと、実際に作業をする職人さんはこの内装業者さんの下請けの職人さんになります。

メリットは飲食店や美容室等の特有の事情や専門的な知識にもある程度精通してますので、使い勝手の良いレイアウトやお店のコンセプトに合ったデザインを提案してくれる可能性が高くなることです。

デメリットは職人に直接発注する場合よりも費用が高くなる事と、業者や担当者によって提案力に当たり外れがある事でしょうか。相性もありますし。

ただ、スケルトンから造る場合や居抜き店舗でも割と大がかりな工事になる場合だと、こういった工事に詳しい専門業者に頼むのがオススメです。(工事の単価自体は安くなくても、使える部分は上手く残す様なプランを考えてくれたり、トータルの出費を抑えるアイデアを一緒に考えてくれたりもします。)

実際は飲食店を出店される方はほとんどの場合で2の選択肢になると思いますが、時々、とにかく安く仕上げたいからと言ってボリュームのある内容を安~くやってくれる業者さんを連れてきたりされますが、相見積もりで値段だけ見て工事業者を選ぶと大体失敗されているはずです。(あと、2の場合でも住宅メインで店舗にあまり慣れていない所だと金額が高い割にはどんくさい仕上がりになったりもします。)

当然値段も大事ですが、自分のお店、自分の商売のコンセプトを理解してカタチにしてくれる方を選ばないと、安かろう悪かろうの内装だと今後の商売において不利になります。

どうやって選べば良いかわからないから、とりあえず相見積もりして安い所!とか、知り合いだから!と言うだけで決めるのは事故の元です。

1の選択肢でも2の選択肢でも、会社や担当者、職人さんによって色んなカラーがありますし、得意な工事や価格帯、規模等微妙に違いますので、迷ったら相談して頂ければと思います。(デザイン料を別にとる会社もあれば、工事費に含んでくれる所、比較的安価でやってくれる所、有名デザイナーが在籍している所、職人でも得意な内容だったら日当+a位でやってくれる人なんかもいます。本当ピンキリです。)

ご希望であれば信頼出来る工事業者さんや職人さんを紹介させて頂く事も可能です。

まとまりのない文章になりましたが、なにかの参考になれば幸いです。

小泉


» »

▲TOPへ